Topics & News
HOME > Topics & News
2017年6月 2017年6月23日開催の定時株主総会ならびに経営連絡会において、大成研が代表取締役社長に就任しました。
2017年6月 2017年7月26日(水)~27日(木)
大阪産業創造館で開催される高機能フィルム展2017に出展します。
2017年5月 2017年5月30日(火)~6月1日(木)
札幌コンベンションセンターで開催されます第73回日本顕微鏡学会学術講演会で一般講演を行います。
「凍結割断レプリカ法を用いたメタンハイドレートの微細構造観察」
6月1日 15:55〜16:10 D会場(SEM)
2017年4月 ゴールデンウィーク期間中の営業日のお知らせ
ゴールデンウィーク期間中の営業を下記の通りとさせていただきます。
4月29日(土)定休日
4月30日(日)定休日
5月1日(月) 休業
5月2日(火)通常通り
5月3日(水)休業
5月4日(木)休業
5月5日(金)休業
5月6日(土)定休日
5月7日(日)定休日
5月8日(月)通常通り
2017年4月 塩化ビニル樹脂分析】ページを追加しました。
2017年3月 2017年5月24日(水)~26日(金)
パシフィコ横浜・展示ホールで開催されます、人とくるまのテクノロジー展2017横浜に出展します。場所はNo.257です。
2017年3月 2017年3月1日より2018年新卒採用のエントリー受付を開始しました。
2017年1月 月刊ファインケミカル2017年1月号「メゾスコピック領域研究の産業への展開」の特集で、「凍結割断レプリカ法を用いたメゾスコピック構造解析」を執筆しました。
2016年12月 年末年始営業のお知らせ
12月29日(木) ~1月3日(火)の期間を年末年始休業とさせていただきます。
2016年12月 2017年1月25日(水)
大阪産業創造館で開催される高機能プラスチック・ゴム展2017に出展します。
2016年12月 【装置紹介】に以下の事例を追加更新しました。
マイクロチャンバーを用いたHDDの発生ガス分析
マイクロチャンバーを用いたHDDに付着した成分の分析
2016年11月 【装置紹介】に以下の装置を追加更新しました。
発生ガス濃縮装置(マイクロチャンバー)
2016年10月 2016年11月17日(木)
公益社団法人 日本表面科学会主催 実用表面分析セミナー2016にて発表いたします。
(SPMによるソフト/ハードマテリアル分散系の機械物性分布評価事例)
2016年9月 2016年10月19日(水)〜21日(金)
自動車技術会主催 自動車技術会2016年秋季大会にて発表いたします。
(模擬臭による自動車部材臭気評価方法の検討)
2016年9月 2016年10月14日(金)〜15日(土)
日本質量分析学会主催BMSシンポジウム2016にて共同発表いたします。
(Imaging mass spectrometry for pharmacokinetic profile of ubiquinol)
2016年9月 2016年10月5日(水)〜7日(金)
インテックス大阪で開催されます、第4回[関西]高機能フィルム展 ~フィルムテック 大阪~に出展します。
2016年9月 2016年10月9日(日)〜13日(木)
神戸コンベンションセンターで開催されますPCBワークショップ国際諮問委員会主催The 9th PCB Workshopにてポスター発表を行います。
(Enantioselective Analysis of Polychlorinated Biphenyls (PCBs) by HRGC/MS)
2016年8月 2016年9月21日(水)
大阪環境測定分析事業者協会主催 第33回環境測定技術事例発表会にて発表を行います。
(高分解能GC/MSによるポリ塩化ビフェニル(PCBs)鏡像異性体の分析)
2016年7月 2016年8月30日(火)~31日(水)
公益社団法人 におい・かおり環境協会主催 第29回においかおり環境学会にて発表を行います。
(合成ゴム製品中の微量硫黄化合物の分析)
2016年7月 2016年8月19日(金)~20日(土)
日本顕微鏡学会 電子顕微鏡解析技術分科会主催 2016年夏の電子顕微鏡解析技術フォーラムにて発表を行います。
(凍結レプリカ法を用いた液体の構造観察)
2016年7月 2016年8月4日(木)~5日(金)
東京海洋大学で開催されます日本食品工学会第17回(2016年度)年次大会においてポスター発表を行います。
(ワインの成分分析)
2016年6月 2016年7月1日
ANAクラウンプラザホテル神戸で開催されます、兵庫県計量協会 環境計量証明部会主催 第31回環境計量技術事例発表会にて発表を行います。
(高分解能GC/MSによるポリ塩化ビフェニル(PCBs)鏡像異性体の分析)
2016年5月 2016年5月25日(水)〜27日(金)
パシフィコ横浜・展示ホールで開催されます、人とくるまのテクノロジー展2016横浜に出展します。場所はNo.233(株式会社カネカの隣のブース)です。
2016年3月 【材料分析】に分析事例を追加更新しました。
NMRと多変量解析によるMBS樹脂の組成分析
ワイン中のS化合物の定性分析
ナイロン66樹脂のMALDI-TOFMSによる分析
ほか
2016年2月 【材料分析】に分析事例を追加更新しました。
MALDI/MSによるイメージング質量分析
ナス中含有成分のイメージング質量分析
樹脂製多孔質体の形態観察事例
ほか
2016年1月 【材料分析】に分析事例、装置紹介を追加更新しました。
XPSによる試料表面に存在する元素の化学状態評価
蛍光X線分析法(XRF)による多元素同時測定
SPM(走査型プローブ顕微鏡)
ほか
2015年12月 【材料分析】に分析事例を追加更新しました。
「におい」とは
嗅覚測定(臭気指数・閾値)
製品の「におい」分析
ほか
2015年10月 2015年10月27日~29日
つくば国際会議場で行われます、第20回高分子分析討論会にて発表を行います。
(発表:IV-03 NMRと多変量解析によるMBS樹脂の組成分析)
2015年9月 2015年10月14日〜16日
西日本総合展示場/北九州国際会議場/リーガロイヤルホテル小倉で行われます、自動車技術会主催2015年秋季大会にて発表を行います。
(発表:〔北〕21会議室 28高分子Ⅰ 自動車内装材の臭気分析方法の検討(2))
2015年8月 2015年9月2日(水)〜4日(金)
幕張メッセ国際展示場で開催されます、JASIS 2015(分析展2015)に出展します。
場所はmini/ソリューションコーナー HALL7 No.S-28です。
2015年8月 2015年8月25日〜26日
大同大学で行われます、におい・かおり環境協会主催第28回におい・かおり環境学会にて発表および企業展示をを行います。
(発表:19-A2 自動車内装材の臭気分析方法の検討)
(企業展示:製品の 「におい」分析)
2015年7月 第61回(平成26年度)高分子学会賞(技術部門)(技術部門)を受賞しました。
2015年7月 2015年8月10日~8月11日
広島県立大学で開催されます、日本食品工学会主催第16回年次大会にて発表を行います。
(2A6-08:食品容器の臭気分析)
2015年6月 2015年6月24日~6月26日
札幌コンベンションセンターで開催されます、日本環境化学会主催第24回環境化学討論会にて発表を行います。
(P-008:高分解能GC/MSによるポリ塩化ビフェニル(PCBs)光学異性体の分析)
2015年6月 会社概要に活動実績紹介(学会発表・受賞歴展示会情報)を追加いたしました。
2015年6月 名古屋営業所を開設いたしました。
2015年4月 2015年5月20日(水)〜22日(金)
パシフィコ横浜・展示ホールで開催されます、人とくるまのテクノロジー展2015に出展します。場所はカネカブース(No.189)です。
2015年4月 【材料分析】に分析事例を追加更新しました。
GPCによるPET樹脂分子量分布測定
TG-DTAによるカーボンブラックおよびグラファイトの定量
ほか
2015年2月 本社移転のご案内
本社移転のため2015年2月23日より新住所、連絡先となりました。
2015年2月 【材料分析】に分析事例を追加更新しました。
アミノ酸(グリシン)の定量分析
クロロゲン酸類の定量分析
リコペンの定量分析
ほか
2014年12月 食品中の3-MCPD 脂肪酸エステル及びグリシドール脂肪酸エステルの分析を実施しています。
平成26年12月17日農林水産省発表 「平成24〜25年度 食品中の3-MCPD 脂肪酸エステル及びグリシドール脂肪酸エステルの含有実態調査」参照
2014年11月 2014年11月28日(金)
神戸大学 百年記念館 六甲ホールで開催されます、(公社)日本表面科学会関西支部、神戸大学研究基盤センター主催『実用表面分析セミナー2014』にて口頭発表とポスター展示を行います。
(TEMによる高分子材料の評価技術)
2014年10月 【材料分析】に装置紹介と分析事例を追加更新しました。
マイクロ波分解/ICP-MSによる医薬品中の微量金属分析
ダイナミックヘッドスペースを使ったパン中の香気成分分析
ほか
2014年10月 2014年11月6日(木)〜11月7日(金)
奈良県新公会堂で開催されます、第23回ポリマー材料フォーラム 展示会に出展します。
2014年8月 2014年9月3日(水)〜5日(金)
幕張メッセ国際展示場で開催されます、JASIS 2014(分析展2014)に出展します。
場所はmini/ソリューションコーナーS-15です。
2014年6月 2014年6月20日開催の定時株主総会ならびに経営連絡会において、石田守が代表取締役社長に就任しました。
2014年5月 2014年5月22日(木)・23日(金)
東京国際フォーラムで開催されます、新化学技術推進協会(JACI)主催 第3回JACI/GSCシンポジウムにて企業活動紹介ブースの出展を行います。
2014年4月 2014年5月14日(水)〜16日(金)
京都大学百周年記念時計台館 、芝蘭会館、芝蘭会館別館で開催されます、日本環境化学会主催第23回環境化学討論会にて発表を行います。
(P-127:直鎖アルキルベンゼンスルホン酸(LAS)分析における固相カートリッジのブランク低減法)
2014年3月 【材料分析】に分析事例を追加更新しました。
ヘキサブロモシクロドデカンの分析
【環境分析】に分析事例を追加更新しました。
燃焼生成ガス分析加熱発生ガス分析
2014年2月 弊社は医薬品GMP適合の金属分析の外部試験機関です。
詳しくは問い合わせフォームにてお願いいたします。
・GMP適合性調査(実地)
・適合性調査結果通知年月日 平成25年7月16日(兵庫県健康福祉部健康局薬務課)
・原薬の品質試験
・適合
2013年12月 【材料分析】に分析事例を追加更新しました。
シリコーン化合物の分解分析
【環境分析】に分析事例を追加更新しました。
次亜塩素酸ナトリウム及び苛性ソーダ中の亜硝酸態窒素の定量分析
2013年11月 2013年11月28日(木)〜29日(金) タワーホール船堀で開催されます高分子学会主催第22回ポリマー材料フォーラムの併設展示会に出展します。(オルトギ酸メチルを用いたポリシロキサンの分析、凍結レプリカ法を用いた溶液の微細構造観察、など)
2013年9月 【材料分析】に装置紹介と分析事例を追加更新しました。
酸化ストレスマーカー(8-OHdG)の定量分析など)
【環境分析】に装置紹介と分析事例を追加更新しました。
全自動元素分析装置など)
分析機器一覧を更新しました。
2013年9月 2013年9月19日(木)〜9月20日(金) 明治大学駿河台キャンパスで開催されます日本分析化学会高分子分析研究懇談会主催高分子分析討論会にて2件発表を行います。(Ⅲ-06 合成高分子溶液のDOSYラウンドロビンテスト)(Ⅲ-07 ユビキノール(還元型コエンザイムQ10)を給餌したマウス脳組織の質量分析イメージング)
2013年8月 2013年9月4日(水)〜6日(金) 幕張メッセ国際展示場で開催されますJASIS 2013(分析展2013)に出展します。場所はmini/ソリューションコーナーS-12です。
2013年7月 2013年8月9日(金)〜8月10日(土) 京都テルサで開催されます日本食品工学会主催 日本食品工学会第14回(2013年度)年次大会にて発表を行います。(5-2A-8:ユビキノール(還元型コエンザイムQ10)を給餌したマウス脳組織の質量分析イメージング )
2013年7月 2013年7月31日(水)〜8月2日(金) 東京農工大府中キャンパスで開催されます日本環境化学会主催 第22回環境化学討論会にて発表を行います。(1PC-17:底質中のヘキサシクロドデカン(HBCD)の分析法の検討)
2013年7月 兵庫県計量証明部会第28回環境技術事例発表会にて「PFOS分析における排水中SSの影響」が最優秀賞を獲得しました。9月に鹿児島で開催されます日本環境測定分析協会主催 日環協・環境セミナー全国大会in Kyushuでも同内容の発表を行います。
2013年7月 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸およびその塩=LAS分析を実施しております。
2013年6月 LC-TOF/MSを導入しました。
2013年5月 2013年8月23日(金) 日本電子株式会社主催『初心者のための電顕入門講座』にて講演を行います(試料ダメージを防ぐSEM前処理、観察・分析方法)。
2013年5月 2013年6月6日(木)、7日(金) メルパルク大阪で開催されます
新化学技術推進協会主催第2回JACI/GSCシンポジウムにて発表を行います(B-79:太陽電池・二次電池への電子顕微鏡分析法の応用)。
2013年4月 2013年5月20日(月)〜22日(水) ホテル阪急エキスポパークで開催されます
日本顕微鏡学会主催第69回学術講演会にて発表を行います(21-P24)。
2013年3月 【材料分析】に分析事例を追加更新しました。
【環境分析】に装置紹介と分析事例を追加更新しました。
分析機器一覧を更新しました。
2012年12月 品質マネジメントシステム規格(ISO9001:2008)に基づく審査登録を更新しました。
登録番号:YKA0200375、登録更新日:2013年3月1日
2012年12月 凍結割断レプリカ作製装置を導入しました。
2012年12月 2013年1月25日(金) 日本顕微鏡学会電子顕微鏡解析技術分科会
主催 2013年新春電子顕微鏡解析技術フォーラムにて講演を行います。
2012年10月 2012年11月30日(金) 神戸大学で開催されます日本表面科学会関西支部主催 実用表面分析セミナー2012にて講演を行います。
2012年10月 2012年11月1日(木),2日(金) 北九州国際会議場で開催されます高分子学会主催 第21回ポリマー材料フォーラムにて発表を行います。
2012年10月 2012年10月25日(木),26日(金) 名古屋中小企業振興会館で開催されます日本分析化学会高分子分析研究懇談会主催 第17回高分子分析討論会にて2件発表を行います。
2012年9月 2012年9月15日(土)〜21日(金)  国立京都国際会館で開催されます日本質量分析学会主催第19回国際質量分析会議(IMSC2012)にて発表を行います。
2012年9月 2012年9月14日(金) 東京都市大学で開催されます日本顕微鏡学会走査電子顕微鏡分科会主催SCAN TECH 2012にて講演を行います。
2012年9月 【材料分析】に装置紹介と分析事例を追加更新しました。
【環境分析】に装置紹介を新たに作成しました。又、分析事例を追加更新しました。
【調査】に「調査実績」を追加更新しました。
2012年8月 2012年9月5日(水)〜7日(金)幕張メッセ国際展示場で開催されます、JASIS 2012(分析展2012)に出展します。場所はmini/ソリューションコーナー S-6です。
2012年5月 2012年5月14日(月)〜16日(水) つくば国際会議場で開催されます日本顕微鏡学会主催第68回学術講演会にて発表を行います。
2012年4月 材料分析部と環境分析部を分析部に統合再編しました。
2012年3月 環境省のダイオキシン類請負調査受注資格の再認定を受けました。
(有効期間:平成24〜26年度)
2012年2月 有機顔料中の非意図的混入PCBの分析体制を整えました。
2012年1月 超高分解能走査電子顕微鏡(FE-SEM)を導入しました。
2011年12月 液体クロマトグラフ-質量分析装置(LC/MS/MS)を追加導入しました。
2011年12月 インジウム・スズ酸化物(ITO)の作業環境測定を開始しました。
2011年12月 酸化プロピレンの作業環境測定を開始しました。
2011年9月 試料燃焼用管状電気炉2台を更新導入しました。
2011年8月 特定計量証明事業者認定制度(MLAP)に基づく特定計量証明事業者の認定更新を受けました。
認定番号:N-0022-01、認定更新日:2011年8月22日
2011年8月 【環境分析】の内容を一部追加更新いたしました。
【調査】に「調査実績」を追加更新しました。
2011年7月 (独)科学技術振興機構発刊「情報管理」Vol.54 No.4(7月号)に「インフォプロってなんだ?私の仕事,学び,そして考え」を執筆いたしました。
2011年6月 化学物質放散試験(小形チャンバー法、JIS A1901:2009他)に基づくISO/IEC17025:2005の認証を更新しました。
登録番号:070248JP、登録更新日:平成23年6月27日
2011年6月 【材料分析】に装置紹介と分析事例を追加し、分析機器一覧を更新しました。
2011年5月 2011年5月23日(月)〜25(水)に国立京都国際会館で開催される国際分析化学会会議(ICAS2011)において、付設展示会に出展をします。出展ブース番号は#6です。 →盛会のうちに終了しました。多数のご来場をいただき有難うございました。
2011年5月 環境分析部 環境分析営業グループを移転し、環境分析センターに併設することになりました。
2011年3月 【環境分析】に分析事例を追加更新しました。
2011年3月 【調査】に「特許調査」「市場・技術調査」「調査依頼の流れ」を追加更新しました。
2011年2月 STEM-EDX/EELSを導入しました。
2011年2月 スニッフィングGC-MSを導入しました。
2011年2月 2月21日をもって、平成22年度中小企業等特許先行技術調査の依頼受付を終了致しました。
2011年1月 材料分析部 材料分析営業グループを移転し、材料分析センターに併設することになりました。
2010年11月 2010年12月8日(水)〜10日(金)に名古屋国際会議場で開催されます高分子分析及びキャラクタリゼーションに関する国際会議で、NMRを用いた高分子分析法の研究発表(II-7)を行います。
2010年9月 「サーチャーから見た特許分析ツールの活用ポイント」という演題で外部発表を実施します。
2010年8月 2010年9月1日(水)〜3日(金)幕張メッセ国際展示場で開催されます分析展2010に出展します。場所はmini / ソリューションコーナー S-04です。 →盛会のうちに終了しました。多数のご来場有難うございました。
2010年8月 液体クロマトグラフー質量分析計(LC/MS/MS)を導入しました。
2010年6月 環境省の「絶縁油中の微量PCBに関する簡易測定法マニュアル(第1版)」に基づく、絶縁油中の微量PCBの定量を開始しました。
2010年4月 特許庁の平成22年度中小企業等特許先行技術調査支援事業の調査事業者に選定されました。
2009年10月 DGF Standard Method C-III 18(09)に基づく、食用油中の3-MCPDエステル含有量の分析を開始しました。
2009年10月 テクノタイムズ社発刊の月刊ディスプレイ2009年10月号(vol.15、No.10、P16)に「LCD用光学補償フィルムの材料設計と最近の動向」についての解説記事が掲載されました。
2009年8月 ダイオキシン類自動前処理装置を導入しました。
2009年6月 品質マネジメントシステムに関する ISO9001:2008の認証を更新いたしました。
2009年4月 特許庁の平成21年度中小企業等特許先行技術調査支援事業の調査事業者に選定されました。
2008年12月 顕微赤外分光分析装置(μIR)を追加導入しました。
2008年10月 ICP−MS1台を更新しました。
2008年9月 微小異物ハンドリング装置(マニピュレーター)を導入しました。
2008年8月 デジタルマイクロスコープを更新しました。
2008年7月 自動アルカリ溶融装置を導入しました。
2008年4月 微小断面研磨装置(クロスセクションポリッシャー:CP)を導入しました。
2008年4月 特許庁の平成20年度中小企業等特許先行技術調査支援事業者に選ばれました。
2007年7月 微小部分析のサンプリング技術強化のため、レーザーによるマイクロマーキング装置を取得しました。
2007年6月 化学物質放散試験(小形チャンバー法、JIS A1901:2003他)に基づくISO/IEC17025:2005の認証を取得し、製品評価技術基盤機構(NITE)により、JNLA登録業者に登録されました。
登録番号:070248JP  登録日:2007年6月27日
2007年4月 汎用GPCを更新しました。
2007年4月 特許庁の平成19年度中小企業等特許先行技術調査支援事業者に選ばれました。